宮澤ひなた選手 なでしこジャパン(日本女子代表)候補に初選出

宮澤ひなた選手(星槎国際湘南高3年 南足柄中出身)が、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ(1/15~19 @東京)に初招集されました。U-19日本女子代表チームの中心選手として活躍する宮澤選手が、いよいよなでしこジャパンへの入り口に立ちました。今回のキャンプには、鮫島選手、猶本選手、岩渕選手、田中美南選手ら総勢27人が招集されました。これから厳しい生き残り競争が始まります。なでしこジャパンのこれからの活動としては、2月にアルガルペカップ(ポルトガル)、4月にアジアカップ(ヨルダン)が予定されています。それらの大会に宮澤選手が出場することを願っています。また、8月にはU-20女子ワールドカップフランス2018(フランス)が開催されます。U-20フランスW杯での宮澤選手の活躍もとても楽しみです。    
More

【サッカー】宮澤ひなた選手 なでしこジャパン(日本女子代表)候補に初選出

宮澤ひなた選手(星槎国際湘南高3年 南足柄中出身)が、なでしこジャパン候補トレーニングキャンプ(1/15~19 @東京)に初招集されました。U-19日本女子代表チームの中心選手として活躍する宮澤選手が、いよいよなでしこジャパンへの入り口に立ちました。今回のキャンプには27人が招集されました。これから厳しい生き残り競争が始まります。2月のアルガルペカップ(ポルトガル)、4月のアジアカップ(ヨルダン)に、なでしこジャパンの一員として参加することを願っています。
More

【サッカー】U-19日本女子代表宮澤ひなた選手 AFCU-19女子選手権中国2017で3得点

宮澤ひなた選手が10月16日から28日に開催されたAFC U-19女子選手権中国2017大会にU-19日本女子代表として参加しました。予選リーグ1試合、準決勝、決勝の3試合に先発フル出場しました。予選リーグオーストラリア戦で1得点、準決勝中国戦で2得点を挙げ、チームの中心選手として活躍しました。U-19サッカー日本女子代表は優勝し、来年行われるFIFA U-20 女子ワールドカップフランス2018への出場権を獲得しました。
More

パラ卓球 辻村選手 ベルギー大会で男子団体の部銅メダル獲得

足柄台中学校出身で現在湘南工科大学附属高等学校3年生の辻村琢光選手が、パラ卓球で世界を舞台に活躍しています。6月に開催されたスペイン大会では、男子団体戦で見事銀メダルを獲得しました。また、10月に行われたベルギー大会では男子団体戦で銅メダルを獲得しました。3年後の東京パラリンピック出場を目指して、これからの活躍がますます期待されます。
More

パラ卓球 辻村琢光選手 ドバイ2017アジアユース大会で男子個人の部銅メダル

足柄台中学校出身で現在湘南工科大学附属高等学校3年生の辻村琢光選手が、パラ卓球で世界を舞台に活躍しています。今年度は6月のスペイン大会で、団体銀メダル、10月のベルギー大会で団体銅メダル、そして、12月にUAEのドバイで開催されたアジアユースパラ競技大会に、7競技87名の日本選手団の一員として卓球競技に出場し、見事個人戦で銅メダルを獲得しました。3年後の東京パラリンピック出場を目指して、これからの活躍がますます期待されます。 辻村琢光選手 2017年出場国際大会 2017/2/27~28     イタリア大会ジュニア 2017/3/1/~4       イタリア大会一般 2017/5/6~9        スロベニア大会 2017/6/7~8        スペイン大会ジュニア 2017/6/8~10    ...
More

市総体サッカーの部結果

6月4日(日)、体育センターグラウンドで市総体サッカーの部が開催されました。シニアの部、レディースの部それぞれ3チームずつのリーグ戦で行われました。結果はシニアの部が優勝 新星、準優勝 ポンタキッカーズ、3位 協会フレンズ、レディースの部は優勝 tresen、準優勝 ポン子キッカーズ、3位 新星なでしこでした。「けがなく、楽しく」を大会の目標に掲げ、和やかな雰囲気の中でサッカーを楽しみました。
More

日本陸上競技選手権大会 松枝選手 5000m優勝

6月23日から25日までの3日間、大阪のヤンマースタジアム長居で第101回日本陸上競技選手権大会が開催され、南足柄市出身の松枝博輝選手(男子5000m)、古谷拓夢選手(110mH),藤山有希選手(女子走幅跳)の3選手が出場しました。最終日に行われた5000mでは、松枝選手が見事なラストスパートにより、13:48,90のタイムで優勝しました。古谷選手は予選を突破し、準決勝に進みましたが、13,81のタイムで5位となり、決勝には進めませんでした。藤山選手は5m73の記録で残念ながら決勝の8人には残れませんでした。オリンピックや世界選手権出場を目指した3選手のこれからの活躍がますます期待されます。
More

日本陸上競技選手権大会 松枝選手 5000m優勝

6月23日から25日までの3日間、大阪のヤンマースタジアム長居で第101回日本陸上競技選手権大会が開催され、南足柄市出身の松枝博輝選手(男子5000m)、古谷拓夢選手(110mH),藤山有希選手(女子走幅跳)の3選手が出場しました。最終日に行われた5000mでは、松枝選手が見事なラストスパートにより、13:48,90のタイムで優勝しました。古谷選手は予選を突破し、準決勝に進みましたが、13,81のタイムで5位となり、決勝には進めませんでした。藤山選手は5m73の記録で残念ながら決勝の8人には残れませんでした。オリンピックや世界選手権出場を目指した3選手のこれからの活躍がますます期待されます。
More

藤山有希選手 第2回アジアユース陸上競技選手権大会 走幅跳で銅メダル

昨年度、女子走幅跳中学日本記録を樹立した藤山有希選手(東海大学付属相模高校1年)が5月20日〜23日にタイのバンコクで行われたアジアユース陸上競技選手権大会に日本代表として出場しました。記録は5m82で見事銅メダルを獲得しました。これに先立ち5月14日に等々力競技場で行われた第55回神奈川県高等学校総合体育大会女子走幅跳では、5m98の記録で優勝しました。これからの活躍が期待されます。
More